【AKB48】ランクイン未経験メンバーの総選挙速報結果の重要過ぎる意味とは?【考察】

      2016/06/12

AKB48 1

はい、AKB48選抜総選挙の速報関連記事だけで相当な数行きそうな気配の☆hiroking☆です。

前回の記事のランクイン未経験メンバーの項目があまりにボリューミーになりそうだった為、こっちに別記事に分けた次第です。数で言えば1番多いこのメンバー達は書く事が多過ぎるからです。

スポンサーリンク

未だにランクインはおろか速報も呼ばれた事のないメンバーにとってはこの速報発表の意味の重大さが違うのです。

その前後にメンバーや応援するファンにどんな事が起きているかを解説して行きたいと思います。

 

では早速行ってみましょう!

 

たとえ一縷の望みでも本人、家族はすがる思いで祈り続ける。それが未ランクインメンバーの速報発表!

ランクイン経験のあるメンバーなら、速報で入ってなくてもファンの必死の巻き返しによってランクインの可能性がある事をリアルに知っているのでまだ希望があります。

それを戦略として常態化している陣営もあるので…って言うと正直言い過ぎですが(笑)要は『慌てない、たとえ速報落ちしても十分勝機はある』っていう余裕がある陣営があるのは事実です。

 

だがしかし!だがしかし!(笑)

 

速報ランクインも未経験のメンバーは速報で呼ばれないと絶望しかありません。

 

なので、メンバーもファンもその緊張感たるやハンパないです!何日も前からドキドキしっぱなし状態になります。(笑)

 

何故か?

 

まずかなり好例のチャンス面から説明します。

彼女たちは基本知名度がありません。AKBGのファンなら知っててもらえますが一般の方はほとんど自分の名前を知らない状況な訳です。それでも年に1回だけ、まるで織姫と彦星が巡り合える七夕のように(笑)、ヤフーニュースなどのネットニュースに自分の名前が載るチャンスがあるのです。

 

それがこの総選挙の速報結果なのです!

 

ファンが一致団結してたった1日で頑張って投票した結果全く無名のメンバーが速報で選抜入りすると、まずネットニュースで結構大々的に取り扱われたりします。そしてライトファンや一般の人達が『○○さんって誰?』となってガンガンに検索されてツイッターのトレンドワードになったりしてそのメンバーの名前が一夜にして世の中に拡散されます。

 

そしてそれは本番でランクインさせる事から思えばまだファンにとってはハードルが低いので、無名メンバーにも等しくチャンスがあるのです。必要なのはファンの団結力による意思統一ですね。

 

一般的には2013年のSKE48の柴田阿弥さんが一番有名でしょうか。シンデレラガールと呼ばれましたよね。(ちなみに初代シンデレラガールはNMB48の次世代革命児、須藤凛々花さんの推しメンである佐藤亜美菜さんです)

 

SKE48の選抜にも入っていない彼女がいきなり速報8位にランクインしてそのニュースはネット中を駆け巡りました。

本番ではわずかに届かず17位に終わったもののその翌年には同じく速報8位から(この同じ順位に出来る辺りもう神業ですね・笑)本番15位となり、見事選抜メンバー入り。SKE48内でも一躍フロントメンバーとして序列も上がり『推されメンバー』への仲間入りとなります。

 

ちなみにこれが17位の時のセンター曲です(かなり短いですが)↓

【MV】愛の意味を考えてみた ダイジェスト映像 / AKB48[公式]

そして今年の柴田阿弥さんの総選挙関連コメント。最後の方にほんの少しコメントしただけでニュースになるほどのメンバーにまでなりました↓

SKE柴田阿弥、選抜総選挙には『ほぼ出ない』

 

という訳で、無名メンバーが速報で結果を出すと色んな副産物が生まれる訳です。

 

そしてそこまで高望みはしなくても、ギリギリでも何でも呼ばるだけで全然状況は変わるんです。

たとえ上位に入らなくてもランクイン未経験メンバーにとっては速報に名前が呼ばれれば本人のテンションも上がりますが、何よりファンの士気が上がります。これが1番大きいんです。

 

更にここである一定条件を満たしているメンバーには特別ボーナスとも呼べる『追い風』が吹きます。

 

それが『箱押し支援票』です。

 

その一定条件とは例えばこんな感じです。

・そこそこキャリアがあって誰もが認めるパフォーマンスの実力があるのに報われてないメンバー。

・突出した一芸もキャリアもメディア露出もそこそこあるのに『アイドル的な守ってやりたい可愛さがない』為に人気が上がらないメンバー。

・メディア露出があまりなく本人も前に出れない控えめな性格ながら、メンバーにも愛されファンも1推しこそ少ないもの誰もが報われて欲しいと願っている箱推しなら『こんないいコは絶対報われて欲しい』と思ってしまう地味メンバー。

 

HKT48で言えば100位に入った『劇場の女神』はるたんこと上野遥さん。66位に入った『早熟過ぎるMCの天才』なつみかんこと田中奈津美さんなどがこれに該当します。

 

劇場のステージで見ているメンバーはまあかなりの高確率で泣き崩れます。(笑)

それを見たそのグループの箱推し寄りのファンはそれに感動してついこう思っちゃうんです。

『おぉ~!マジか?速報初ランクインか?おめでとう~!やっと報われる順番が来たみたいだね。よし、1票回したるから絶対ランクインするんだぞ!』

 

いや、ホントなんです!知らない人は『またまた~。そんなマンガのような展開にならんでしょ?笑』って思うかも知れませんが。(苦笑)このたった1票の支援が大きな力になるんです。

 

AKBGを人並みにかじってるそこのあなた!あなたですよ!分かりますよね?(笑)

 

そして心臓が飛び出そうなぐらいのドキドキの速報発表が終わります。

その夜また新たなドラマが始まるんです。(やっぱり長いなぁ~、このテーマ)

スポンサーリンク

涙、涙のSNS更新!

そしてここで当然ながら速報ランクインしたメンバーとそうでないメンバーでは天国と地獄になる訳です。

 

ランクインしたメンバーは例えば劇場にいるメンバーなら、まずメンバーみんなから祝福され劇場にいるファンから祝福され、家に帰れば家族中が笑顔で祝福してくれて携帯には他のグループのメンバーやら地元の友達やらからおめでとうメールがひっきりなしに入って来る状況になります。

 

そして落ち着いたら投票してくれたファンに向けてぐぐたすやトークアプリ755やブログ、ツイッターなどのSNSで、感謝の言葉と共に『絶対速報で終わらせたくない、ここまで来たらあの壇上に立って笑顔でスピーチしたいです』的な決意表明をまあ大体ほぼほぼしたりします。(笑)

特に30位以内の上位に初ランクインしたメンバーは支援票も期待出来るので(言葉には出しませんが)希望しかないです。

 

いや~、でもこれ見るのホント好きなんですよね。純粋に感動させられちゃいます。本人にとっては奇跡が起きてるんですからね?それほどランクイン未経験メンバーにとっては嬉しいものなんです。

ですからこの晩は相当忙しいです。(笑)初ランクインメンバーはほぼ全部見たいですからね?

 

そして世の中は残酷です。速報に呼ばれなかったメンバーは家族も気まずい、ファンもがっくり、そして本人もそのファンをがっかりさせたことに対して申し訳ない気持ちで一杯になって、おそらくめちゃめちゃ時間をかけてやっとの思いで絞り出した謝罪と悔しさの涙で溢れたSNS更新をするのです。

これも気にかけてるメンバーはほとんど見に行きます。胸が苦しくなりますけどこの悔しさを乗り越えるからこそランクインした時の喜びが倍になるので、ひたすら心の中で『頑張れ~!』って祈ります。(苦笑)

 

まとめ

はい、お分かり頂けたでしょうか?たった1日の集計の結果がここまでの残酷な差を生み出す事が。

まして今回から初の試みとして速報を100位から発表しました。

 

これは20人分希望にあふれた幸せなメンバーを作り出すと同時に100位をも漏れたメンバーには以前より増して絶望の色を濃くしてしまうデメリットもあります。

 

でもそれを踏まえた上で、それを百も承知した上でそれでも個人的には今回の100位までの発表を選択した運営を評価したいと思ってます。

例え本番の80位まで20番もある100位でも初めて呼ばれた上野遥さんの現場の涙とぐぐたすの文章を読んだら、そう思っちゃってもバチは当たらないと思うんですがどうでしょう?

 

最後まで読んで頂いて感謝です。以上、☆hiroking☆でした。

スポンサーリンク

 - アイドル