【Lady Gaga】レディーガガのMVの多すぎるその再生回数ランキング!後編

      2016/05/29

レディーガガ 2

どうも、☆hiroking☆です。”先日の『ENGEIグランドスラム』の渡辺直美さんによるレディーガガのパフォーマンスが面白すぎてちょっとLady Gagaに興味を持っちゃいましたシリーズ”第2弾!(シリーズ名長過ぎ!笑)

前回の記事より引き続きまして後編の5位から1位の発表です。

 

スポンサーリンク

前編でも元々ざっくりの前置きしかしてない上に、後編なのでますます語るべきものが無くなってるので(笑)早速行ってみましょう!

 

あ、これ忘れてました!↓

そして再生回数は日々数千数万と上がって行ってしまうので(驚愕)、ざっくり10万回単位で四捨五入で表したので御了承下さい。

 

スポンサーリンク

Lady GagaのMV動画再生回数ランキング5位~1位

第5位 Applause (Official)    24,530万回再生  2013年8月リリース

キターーーー!!あの曲です!この記事の原動力となった、渡辺直美さんが『ENGEIグランドスラム』で衝撃のパフォーマンスを披露した楽曲です。

 

まーやっぱりカッコいいですね!映像的には珍しく完全スタジオ内のみでの撮影のようです。シンプルにLady Gaga本人の肉体の映像美とダンスパフォーマンスをフューチャーしようって意図なのかな?と。

 

基本モノトーンの画面にたまにカラーの映像を差し込みながら進んで行くんですが、ここでガガ様のコスチュームに自分は2度見した事を告白します。ファンの人に怒られるのを承知でその時の想いを言葉にすると…。

 

 

もじもじ君?』(笑)

 

いやだって、思わなかったですか?そこのあなた!そこのあなたもきっと思いましたよね?絶対自分一人だけじゃないと信じてます、たとえファンの人に怒られようとも。(笑)

 

でもこれは演出として秀逸ですよね?黒タイツにまるでスッピンかのようなシンプルなメーク。だからこそペイントメークや後半のいくつものファッションスタイルが映えるっていう…。

あ、でもあの黒鳥(ブラックスワン?)の顔がガガ様になってるのは正直微妙でした。(苦笑)映像作家がアートっぽさを出したいが為に無理やり入れ込んだ感を感じました。まあ勝手な想像ですが。(笑)

 

第4位 Telephone ft. Beyoncé  24,830万回再生 2010年2月リリース

出ました!渡辺直美嬢歓喜の夢のコラボ!ただ楽曲は個人的には他の曲のような引き込まれ方は感じませんでした。

 

映像はこれもロケ中心の為アートワークは控えめ。途中のキッチンでのダンスシーンはあまりのチープさに『え?』となりましたが(笑)、その後の星条旗をモチーフにしたファッションの2人のダンスシーンがカッコよすぎたのでそれは帳消しとなりました。(笑)

 

この時のガガ様の星条旗水着姿はホント良くないですか?別にお金もかかってないしシンプルなんだけどちゃんとひたすらカッコいいっていう。これもその当時彼女のアイコンとなってましたよね?

 

第3位 Alejandro  26,150万回再生  2010年4月リリース

これまた短編映画的ではあるんですが、得意のエキセントリック系ではなく珍しく叙情的系となってます。(ちなみに発音はアレハンドロです)

 

そして何かこの雰囲気懐かしいなと思ってたら、本人がABBAにかなり影響を受けていると告白してるんですね。どうりで、納得!って感じです。まさに冬の雪の情景がピッタリなサウンドですよね。

ガガ様の個人的に好きな所は結構古いロック&ポップスに精通していて影響を受けている所。それでいて映像は最先端で奇抜でエキセントリックっていうそのバランスが凄いです!

 

第2位 Poker Face  30,750万回再生  2008年9月リリース

これは納得の2位!ガガ様を大ブレイクさせたセカンドシングルですね。貫禄の3億超えです!

 

確かにサビのキャッチーさはハンパないですね?誰でも一瞬で耳に残るフレーズですもんね?

 

あとはこの金髪クレオパトラカットのビジュアルのキャッチーさもブレイクの要因となってるとは思います。まだデビューしたての新人アーティストなのでこのルックスのトレードマークは大きかったと思いますよね?

 

さあいよいよ1位です。

 

第1位 Bad Romance  68,900万回再生  2009年10月リリース

これは凄い!6億超えの2位の3億に倍の差をつけてぶっちぎりの1位です!

 

ま~、何と言ってもこの一言でしょう。『これぞ、Lady Gaga!』

 

頭の印象的なデジタルチックなコーラスもそうならその後出てくる謎の怪しすぎる白いフェイスマスクの集団。その後も次から次へと扮するファッションスタイルがいちいち斬新!(笑)呆れるほどのゴージャス感!ラストのくわえタバコの映像もインパクトあり過ぎでしょ!

 

サビのキャッチーさはもちろん、とにかく音にも映像にもフックが多すぎてそりゃこれだけの大衆を引っ掛けちゃうよな?って感じですね。

 

まとめ

改めて上位5曲を見直すとやっぱり凄いですね?世界中でバカ売れするにはちゃんと理由があるっていうのが分かります、ホント。

結局BIGになれば超1流のスタッフが集まりますからね?ダンサーしかり、プロデューサーしかり、映像監督しかり。

 

それにしても1位の約7億回っていうぶっちぎり加減は呆れて凄い!

 

あと古いロックの話繋がりで思い出しましたけど、Lady Gagaっていう名前は敬愛するQUEENの『Radio Ga Ga』から来てるのを初めて知った時も超高感度アップした事を告白しておきます。QUEEN大好きなので。(笑)

 

最後までご覧頂き感謝です。以上、☆hiroking☆でした。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 - アーティスト