【Mステ】尾崎裕哉の魂の歌声が父にそっくり!でもそれ以上に『27』の歌詞がイイ!みんなの感想の声まとめ

      2017/04/03

尾崎裕也 1

はい、3月31日19時より放送のテレビ朝日系列の通称”Mステ”こと『ミュージックステーション3時間SP』にあの説明不要の伝説のシンガーソングライターの尾崎豊さんの息子である尾崎裕哉さんが登場。父親である尾崎豊さんの名曲『卒業』とオリジナルの自分自身の作詞作曲の『27』を披露。『歌い方と声そっくり』『DNA凄い』『めっちゃ似てる』『27の歌詞が凄くいい』『卒業よりオリジナルの方が尾崎の魂を感じる』とネット上は大興奮!そんなみんなの感想の声をとりあえずまとめてみる☆hiroking☆です。

スポンサーリンク

なるほどとうとう尾崎裕哉さん本人がお父さんの尾崎豊さんの逝去された年齢を超えてしまったんですね。

そしてそんな常人にはとうてい想像のつかない葛藤の果てに生まれた『27』が聴く人の魂を揺さぶりまくっています。声や歌い方も『そっくり』『もうほとんど尾崎豊本人!』『声似すぎ(笑)』とそのDNAの力にもみなさん驚愕。でもそれこそ、この父親の歌い方を踏襲する選択にも相当な葛藤があったのだろうと思われます。

まあ何はともあれ偉大過ぎる尾崎豊という父親を持った尾崎裕哉さんの魂の歌声に感嘆するみんなの感想の声をぜひご覧下さい。

 

では行ってみましょう!

スポンサーリンク

 Mステに尾崎豊の息子・尾崎裕哉登場!歌声がそっくり!でもカヴァーより自曲の『27』の方がいい!みんなの感想の声まとめ

まとめ

いや~、やっぱり感慨深いものがありますね。

これだけ多くの人が今回尾崎裕也さんの歌に感動してる訳ですが、よくここまで到達しました。

日本中の誰もが知ってる伝説のカリスマシンガーと呼ばれた父親と同じ道を選ぶのは並大抵の覚悟じゃありません。音楽じゃない別の道で肩を並べようと思ったことも当然あるでしょうし、また音楽をやるにしても別のジャンルを選ぶ道も当然あったにもかかわらずほぼ同じジャンル(おもにブルーススプリングスティーンをルーツとした疾走感溢れるストレートなアメリカンロックンロール)を選択したその勇気。

 

歌い方だって今まで何度も悩んできたと思います。

尾崎豊さんにどこまで寄せるべきなのか。

自分は自分。父親のコピーじゃない。尾崎裕也個人を見てくれ!父親である尾崎豊とは違う自分の声と歌い方で勝負したい。

 

こういう時期は絶対あったでしょう。でも幼少期から聴いて来たアーティスト『尾崎豊』は父親ということを抜きにしても、一番慣れ親しんで影響を受けてきたアーティストであり自分の原点であることは絶対に否定できない事実。信じられないほどに悩みに悩んでおそらくぐるっと一周したんでしょう。

 

正直3~4年前の段階じゃここまでの評価はされてないと思います。この1~2年で何か壁をまた一つ破ったのかも知れません。結果素晴らしい表現方法を手に入れたと思います。

今回のみんなの声にあるように、尾崎豊さんのカヴァーは自分のDNAに加え影響を隠さずにむしろ本人に寄せて歌い、でも自分のオリジナルの方が表面上ではない魂の叫びのようなものが洩れ尾崎豊さんのカヴァーよりも『尾崎豊』を聴く人に感じさせるというこの凄さ!これですよ!(笑)

 

見るものを否応なしに引き込む気迫と熱さ。リアルタイムの今の自分の悩みと葛藤を隠さずに表現した歌詞。

そして疾走感あふれるビートとメロディに乗せた魂の歌唱。

 

これぞまさに尾崎豊!多くの人が感じたように自分も思いました。本当に魂が宿っていると。

 

声とか歌い方とか表面的なものよりももっと深い部分で『尾崎豊』を感じさせる。

これって相当カッコいい!あっぱれです!

 

父親の享年を超えて出来た渾身の1曲『27』。おそらくこれは彼の代表作になる予感がしてます。

くしくも尾崎豊さんが初期の頃代名詞とされていた『17歳の地図』のように。

 

これからどこまでこの道を極められるのか本当に尾崎裕也さんのこれからに注目してます。

 

ちなみに今回のMステの関連記事がこちらになります↓

【Mステ】三浦大知のスゴ腕ダンサー50人って凄くない?楽しみ過ぎるみんなの声まとめ

【Mステ】30周年のエレカシの『悲しみの果て』が最高!カッコいい!泣ける!みんなの声まとめ

 

※このブログはほぼみなさんの素晴らしいつぶやきによって支えられてます。引用させて頂いてるみなさん、いつも本当にありがとうございます。

最後まで読んで頂いて感謝です。以上、☆hiroking☆でした。

スポンサーリンク

 - アーティスト