【欅坂46】『W-KEYAKIZAKAの詩』 MV解禁!32人の物語にファン感動!長濱ねるに泣ける!みんなの声まとめ

      2017/03/31

欅坂46 1

はい、2017年4月5日にリリースされる欅坂46の4枚目のシングル『不協和音』に収録されるカップリング曲『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVが本日3月28日に公開が解禁され、話題を呼んでいます。

欅坂46+けやき坂46(通称ひらがなけやき)のメンバー全員の32名が合同参加したMVは初めて。しかもその歌詞と映像がこれまでの1年間を振り返った物語になっていて、それを見たファンは『これまでの歴史が凝縮されてる』『ヤバい、最高』『ねるのシーンが泣ける』『号泣、素晴らしい』と大絶賛!そんなみんなの興奮の感動の声をいち早くまとめてみる☆hiroking☆です。

スポンサーリンク

欅坂46は結成当時ちょっとしたドラマがありまして、長濱ねるさんというメンバーが家庭の諸事情により1人後から加入し、その当時まだ他に誰もいない『けやき坂46』に籍を置くといういきさつがあったのですが(セカンドシングル発表時に欅坂46と兼任となります)、その辺りを今回のMVで見事に表現されていて、感動を呼んでいるようです。

その辺りの物語もみなさんのツイッターの声で分かるようになっていますので、みんなの絶賛の声と合わせてご覧下さい。

 

その前にまずは3月28日に公式さんより公開された『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVをどうぞ!

では行ってみましょう!

スポンサーリンク

 『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVが32人の物語になっていて感動!特に長濱ねるを米谷奈々未が引っ張っていくシーンが泣ける!みんなの感想の声まとめ

まとめ

長濱ねるさんのこれまでのいきさつなどを動画にまとめてアップされていたり、米谷奈々未さんとの過去のいきさつをアップされていたり、このMVの制作時のインタビューをアップされていたりするありがたい方々のおかげで(笑)、これまであまりよく知らなかった人にもより今回のMVの良さを感じれるようになったのではないでしょうか?

 

いや~昔からのファンの方々の感動の仕方が本当に凄いですよね?

特に話題の中心となっている長濱ねるさんが一人あとからやって来てそれを米谷奈々未さんというメンバーが腕を引っ張ってみんなの中に連れて行くシーンなんですが、何で米谷奈々未さんなのか、この2人は過去に何があったのかもありがたいつぶやきの数々によって(笑)お分かり頂けたかと思います。

 

なるほどこれは確かに感動しちゃいます。

たった一人の1.5期生。半年間一人きりの活動。セカンドシングルでの欅坂46への選抜と同時に兼任開始、そしてひらがなけやきのメンバー加入。

長濱ねるさんを中心としたこれまでの1年間の欅坂46の物語をものの見事に一本のMVに凝縮してて素晴らしいです。

 

またこの土手を歩いて行くメンバーを引きの映像で撮って行くっていうこの手法が憎いですよね?(笑)

この手法がこの物語を余計に鮮明に明確にしてくれてるのは間違いないです。

 

そしてこれはこの曲に限らずずっと思っていたんですが、AKB48と違う欅坂46のダンスの特徴って、ズバリ『フォーメーションダンスを前面に打ち出している』部分ですよね?これが実際カッコいい!

直近でそれを一番強烈に感じたのがこの『W-KEYAKIZAKAの詩』の表題曲の『不協和音』ですが、こちらもYouTubeで驚異的な動画再生数&コメント数の伸び方を記録しているので近いうちに別記事にあげようかなとは思っています。

 

とにかく只でさえ表題曲の『不協和音』が話題なのにカップリング曲までこんなにいいってズルいです!(笑)まだまだしばらく欅坂46の勢いは止まりそうもありませんね?

 

※このブログはほぼみなさんの素晴らしいつぶやきによって支えられてます。引用させて頂いてるみなさん、いつも本当にありがとうございます。

最後まで読んで頂いて感謝です。以上、☆hiroking☆でした。

 

スポンサーリンク

 - アイドル