【イエモン】歌詞が新聞の一面広告にもなった紅白の『JAM』は最高過ぎた!みんなの感想まとめ

      2017/01/02

イエモン 2

はい、本日2016年12月31日の『第67回NHK紅白歌合戦』に遂に我らがイエモンことTHE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)が初出場し1996年2月29日に発表された『JAM』を披露。何と今朝の朝日新聞にはその歌詞が1面広告として掲載されるなど朝からファンはもう期待度MAX。

そしてロビンこと吉井和哉は魂の歌唱。『やっぱりカッコいい』『この歌詞を紅白でやっちゃうんだ!』『最高』など今年最後のそんなみんなの声を当然のように今夜もまとめてみる☆hiroking☆です。

スポンサーリンク

15年前に活動を休止してそのまま12年前に解散。2016年の申年にまさかの復活。2度に分けてツアーを精力的に回り新曲も出して、年末にこうしてまさかの紅白歌合戦初出場になるとは…。

本当にファンにとっては夢のような出来事ですよね?

 

しかも披露する曲はその年始まったNHKの音楽番組『ポップジャム』のテーマ曲に抜擢されブレイクのきっかけになった『JAM』。『外国で飛行機が~』の歌詞のくだりが話題となってしかも演奏時間が長いからなかなかテレビでのフルの披露が難しかった問題作。

でもその曲が20年の時を経て『残念だけど、この国にはまだこの歌が必要だ。』と12月31日の朝に新聞に一面広告として全歌詞が掲載されることになろうとは。

人生何が起きるか本当に分からないですよね?(笑)

 

では早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

 THE YELLOW MONKEY 、第67回NHK紅白歌合戦で『JAM』を披露!『最高』『やっぱりカッコいい』みんなの感激の感想の声まとめ

まとめ

いやぁ、みんな大感激です。上で触れるの忘れましたが今回のツアーのMCの中でこのバンドの国歌と位置付けられていた『JAM』。

 

この特別な曲をロビンは魂を絞り出すような渾身の歌唱で歌ってくれました。

こののちのCDJライブで判明するんですがこの時既に喉の不調があったにもかかわらず、会場の観客席にも全国で見ているお茶の間の視聴者にもそれを悟らせずにプロ根性で歌い切ったのはさすがです。

 

2000年に亡くなられたコロンビアレコード時代にお世話になった大恩人のプロモーターの中原繁さんの写真を胸ポケットに入れて歌っていたそうで、天国に胸を張ってこの景色の中で歌っていることを伝えたかったんでしょうね?

 

改めてTHE YELLOW MONKEY、『第67回NHK紅白歌合戦』出場おめでとう!最高にカッコ良かったです!

 

そしてこの記事で初めて当ブログに来られたという方、もしよろしければこちらから色々飛べますので是非ご覧になってみて下さい↓

【イエモン】ツアーのセトリや番組の出演、全ての関連記事をまとめてみた!

【イエモン】砂の塔前後から現在までの全ての関連記事をまとめてみた!  (NEW)

この紅白のあとのCDJでアクシデントが発生という記事がこちらです↓(NEW)

【イエモン】喉の不調で途中中断も?1/1幕張CDJライブのセトリと感想まとめ

 

それと少し前にSMAPファンさんとイエモン(モンキー)ファンの両方のみなさんからツイッターでありがたいことに大変な拡散祭りとなった記事がこちらですので興味のある方はご覧になってみて下さい↓

【スマスマ】見よ!これが超微笑ましいSMAPファンとイエモンファンのリスペクト合戦だ!

※このブログはほぼみなさんの素晴らしいつぶやきによって支えられてます。引用させて頂いてるみなさん、いつも本当にありがとうございます。

最後まで読んで頂いて感謝です。以上、☆hiroking☆でした。

スポンサーリンク

 - アーティスト