【こち亀】40年の連載を終了!その理由と累積発行部数と印税は?

      2016/09/05

こち亀 1

はい、何ともまた一つの時代の終了を感じさせるビッグニュースです。1976年9月より40年にわたって週刊少年ジャンプに連載していた漫画家秋本治さんの国民的人気マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が9月17日発売の42号で連載終了となる事が3日、神田明神で作者ご本人より発表されました。終わる事なんて想像出来なかった☆hiroking☆です。

スポンサーリンク

先ず発表された経緯や詳しい事はこちらをどうぞ。(こら)

 

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』と言えば一回の休載もなく(驚愕)単行本は現在199巻(連載終了時で200巻)と、『少年誌の最長連載記録』のギネス記録を保持していて尚且つ現在更新中というおばけマンガな訳です。

 

40年間一度の休載もないって鉄人っぷりにもほどがありますね。(笑)普通の漫画家さんは前の作品が終わって次の作品の連載が始まるまで充電期間っていうかお休みがあるもんじゃないですか?でも秋元先生にはこれしか書いてないからその期間が存在しない!っていう凄さ。(笑)

 

さてそこで気になるのは連載終了のその理由と正確な単行本の累積発行部数と、それによる印税額じゃありませんか?なのでその辺りをちょっと調べてみました。

 

では行ってみましょう!

 

40年続けた連載終了のその理由とは?体調不良?燃え尽きた?

秋本治先生も今年で63歳、何らかの病気による体調不良により連載を続けられないのかな?と思いきや、ご本人の口から体調不良が理由ではないと明言されたとの事。

 

この9月3日の神田明神での連載40周年記念完全描きおろし巨大絵巻物奉納式というおめでたい日に『200巻でちょうど区切り』という事が理由のようです。単行本を買ってる読者の人達の間では『だんだん厚くなって来てるからそういう調整をしてるのかも?』っていう声もあったようです。

 

おそらくだいぶ以前からこの200巻で終了というのは考えられていたご様子ですね。

確かにこの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』というマンガは何か作者側で区切りを考えないと終らせるのが難しいですよね?何故なら少年ジャンプの他の王道連載漫画のように強い敵が現れてバトルしたりスポーツの試合をしたり、主人公が成長して行って登り詰めてしまうような事がないからです。

 

両さんは最後に社長になった『課長島耕作』のように警察署長になったりしないですもんね?(笑)

 

スポンサーリンク

現時点199巻の単行本の累積発行部数とその印税は?

はい、今現在での公式発表の単行本の発行部数は1億5,650万部だそうです。

凄い数字ですね!(驚愕)小説家やその他の物書きにはどう逆立ちしたって売る事の出来ない部数です。これがマンガの他にはない底力ですよね。

 

そしてですね?印税の計算なんですがちょっと面倒なんですね?何故なら今現在の集英社の少年ジャンプの漫画の単行本の本体価格は400円ですが何と言っても『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は連載が始まったのが1976年。単行本の単価が今より全然低いんですね?ちなみにこの時代の少年ジャンプ本体の値段は今の半分の値段だったりします。

でもだからと言って単行本の値段は半分ではありませんでしたが、200円台なのは間違いないです。なので、ざっくりですいませんが(苦笑)間をとってここでは仮に320円ぐらいで計算する事にしますね?

そして印税ですがこれも細かい事言うと各社の契約により様々になってしまいますので、これも小説業界も漫画業界も共通で言われてる平均的な印税の単価は本体の約10%なのでこれを掛けると以下のようになります。

 

156,500,000(部数)×320(円)×0.1=5,008,000,000(円)

 

何ととんでもない驚愕の数字が出ました!(笑)50億800万円です!

 

もう笑うしかないです。これあくまでも単行本の印税収入だけですからね?しかも単行本の単価を若干安めに設定しての金額です。

実際にはこれに毎週の原稿料、アニメ関連やらドラマ、舞台関連やらグッズ関連やら色んな使用料が入って来る訳ですから、生涯年収はもうちょっと想像もつかない金額になるっていう事ですよね?

ただもちろん、人気作家ともなればある程度の大きさのアトリエを構え、5人以上10人未満ぐらいのアシスタンさんのお給料を払わなければいけないので経費として掛かるお金も相当なものであるのは否めません。

 

それでもですよ?テレビに出てる超一流のタレントさん、役者さん、芸人さん、スポーツ界の超一流アスリートの人達と比べて下さい。何の遜色もないですよね?

 

そうなんです、マンガ界って夢があるんです。

 

まとめ

40年間一度も休む事無く一つの作品を連載し続けた秋本治先生。本当にお疲れ様でした。

その偉業はマンガ界の伝説の偉人達、手塚治虫先生や石ノ森章太郎先生や藤子不二雄F先生に並ぶものでしょうね?まあ何と言ってもギネス記録保持者ですし。(笑)

 

これで注目はこの後の動向ですよね?新たな新連載がこのまま『週刊少年ジャンプ』という土俵で始まるのか?

はたまた今までの一世を風靡したベテラン作家の先生達のように『○○ジャンプ』とかの兄弟雑誌に主戦場を移すのか?

 

どちらにしてもその時はまた日本中の注目を集める事になるでしょうね?

オラ何だかワクワクしてきたぞ!』(←笑)

 

そしてもうひとつ『こち亀』関連のの最新記事がこちらですのでよろしければ(NEW)↓

【こち亀】連載終了に日本中が衝撃!感慨や感想、ニュース色々まとめ

 

最後まで読んで頂いて感謝です。以上、☆hiroking☆でした。

スポンサーリンク

 - マンガ